ABOUT

名称:大磯地方創生事業推進コンソーシアム[略称:大磯コンソ] 

      The Consortium for Business Innovation and Local Value Creation Project in Oiso   

■設  立:2019年8月1日

■設置形態:日本専門家活動協会[略称:Japa](東京都千代田区)の主宰・事務局による任意団体

         Japa 代表理事:芝原 靖典[早稲田大学非常勤講師、大磯町参与(まちづくり担当)、元㈱三菱総合研究所 取締役]

 

■目  的:本コンソーシアムは、大磯町(神奈川県)をフィールドとして、課題解決型の個別具体の投資事

      業や事業サービスの創発・展開に関心を有する都市企業と地元関係主体(企業、NPO、団体等)

      が習合・連携・共創し、個別事業のスタートアップ・展開・検証の円滑化、有機的連携による相

      乗効果化、及び地元への還元化(経済的価値の産業的価値化、社会的価値化)等を行うプラット

      フォームとしての役割を担い、もって地方発リバースイノベーションの創発を通じた地方創生の

      励起に資することを目的とする。

事業内容

  • 地域課題及び投資事業・事業サービスのタネの発掘・共有・摺り合わせ・磨き・相乗効果化 

  • 投資事業・事業サービスの円滑な展開の仕組み・枠組み・道筋づくり 

  • 地元(自治体、住民等)との前捌き調整・リエゾン(橋渡し)

  • 投資事業・事業サービスの実施支援、地元還元の実施

  • 本コンソーシアムの活動に資する人材発掘・育成、調査研究、情報発信(メルマガ、フォーラム等)

構  成

  • 会員[企業、地元関係主体]、協力[有識者、関係団体、大磯町]、事務局により構成

本コンソーシアムが、参加企業・地元NPO等の新たな価値創造や地元地域・大磯町の持続的地方創生に繋がり、引いては日本産業の活性化、日本全体の地方創生の励起に資するよう運営致します。本コンソーシアムの事業活動・運営にご参加ご支援ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

芝原 靖典
代表

三菱総合研究所に入社。主に、社会システム分野を担当。取締役退任後、独立。現在、専門家個人としての居場所づくり、活躍できる場づくりをめざして日本専門家活動協会を設立・代表理事就任。

​早稲田大学非常勤講師。大磯町参事(まちづくり担当)

澤登 信子
顧問

㈱ライフ・カルチャー・センター 代表取締役(昭和51年設立)。ソーシャル・マーケティング・プロデューサーとして、地域おこしや都市生活者と農山村社会を結ぶ事業など、ヒューマンネットワークを基盤とした生活者・企業・行政の新しい関係をプロデュース。

佐藤 大樹佐藤大樹
副事務局長(地元)

中南信用金庫 総務部 部長代理 

森部 好樹
顧問

日本興業銀行に入行。興銀証券 取締役に就任。その後、ビックカメラ 取締役、興和・オンデーズ・共同広告社等の代表取締役社長を歴任後、独立。現在、ベンチャー企業等100社を超える顧問。

㈱ロッキングホースを大磯町に設立。大磯町在住

篠原 康明
事務局長(全体)

三菱銀行に入行。公務部等を歴任後、(財)都市みらい推進機構(企画調整部長)に転籍。秋葉原再開発等に関わる。現在、日本専門家活動協会理事、ふるさとテレビ理事、( 一社)さんりく未来推進センター監事、 日本棋院隅田支部幹事、いしかわけん観光特使 他

水谷 歩
事務局(会計担当)

食品業界、医療機器界を経て、2006年に制震ダンパーメーカーの立ち上げに取締役として参画後、 販売店として独立し、2008年に住宅資材の販売および住宅関連サービスの提供を行う (株)スタイルエイト設立。(一社)不動産価値向上協議会 代表理事。宅地建物取引士

© 2020 大磯地方創生事業推進コンソーシアム &Japa All Rights Reserved.