© 2019 大磯地方創生事業推進コンソーシアム &Japa All Rights Reserved.

PROJECTS

PROJECT 1

 移住支援窓口センター設立Project 

【Projectオーナー:こみゅにてー・パティオ海鈴(かりん)】

大磯町の移住支援窓口機能を有するセンター「ふるさと回帰支援センターOISO」 

(仮称)の設立・運営をめざす。

PROJECT 2

移住お試し施設(空き家活用)の開設Project

【Projectオーナー:こみゅにてー・パティオ海鈴(かりん)】

Project1と連動した移住促進の具体策の一つとして、大磯町内の空家を活用(リフォーム)して、お試し居住体験サービスを提供する。

PROJECT 3 

定置網余剰魚の町内循環経済事業システム構築Project 

【Projectオーナー:こみゅにてー・パティオ海鈴(かりん)】

大磯の定置網でとれる魚で市場に流通しない規格外の魚を活用(町内循環経済)する仕組みづくり(含むプロセス毎の関係事業者との連携事業化)を行う。
 ※ プロセス:網の設置 ⇒ 魚の引き取り・選別 ⇒ 捌く⇒ 利用先(給食、加工品等)

 ※ 現在中止されている大磯中学校の学校給食の食材として、食育の立場からも

   活用を具体的に検討する。

PROJECT 4

遊休施設を活用した保育園、コーワーキング施設等一体整備Project

【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

大磯町内に存する民営化企業の遊休施設に認可小規模保育施設の移転やコワーキングスペース施設等の誘致・運営を行い、大磯町の昼間活動人口を増やす。

PROJECT 5 

大磯版アルベルゴ ディフーゾ(まちぐるみ旅館)Projec

【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

大磯町内の空き家群を活用してホテル/旅館機能をまちなかに分散させ、流動・交流を興す。地域循環経済化(まち中全体にお金が廻る/落ちる)にもつながる。
 ○ 中心部に旅行者の交流の場兼チェックインカウンター設置。
 ○ まちなかの空き家を宿泊施設(民泊)にして、飲食はまちなかのレスト 

   ラン(空家活用も含む)に行き、入浴はまちなかの入浴施設(温泉があれば

   ベスト⇒Project10)で楽しみ、立ち飲み居酒屋で(Project7)でお酒を楽し

   みながら、旅行者同士や地元の人との交流を楽しむ。

PROJECT 6 

「食」のローカライズProject
【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

「DINING OUT」的な野外でのポップアップレストランを開設・運営し、大磯の「地のもの」(含む、猪・鹿等ジビエ)を飲食してもらい、大磯町の「食」をPRする。

PROJECT 7 

立ち飲み屋Project
【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

大磯町には存在しないちょっとしたデイリーユース的な憩いの場を空家等を活用し創出する。大磯町にお金が落ちる仕組みづくりにもなる。

PROJECT 8 

まちなかミニトライアスロンProject
【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

大磯港・大磯下町をエリアとする誰もが親しめる入門的ミニトライアスロンを開催する。
参加者、観客を対象とした飲食販売により、地元にお金を落としてもらう。

PROJECT 9 

周辺市町村と連携した里山木材の利活用Project
【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

里山利活用に向けた自伐等伐採、燃料化(ペレット/薪材)、販売先(薪ストーブ利用者等)のシェア経済化の実践。

PROJECT 10 

大磯温泉Project(願望)
【Projectオーナー:特定非営利活動法人 西湘をあそぶ会】

Project5のコアとして、まちおこしに絶大なインパクトあり。

PROJECT 11 

交通貧困地域型モビリティサービス(MaaS)の導入Project
【Projectオーナー:NECソリューションイノベータ㈱】

大磯町の交通貧困地域に対して、最新のIT技術、交通手段等を活用することにより、利便性と収益性を確保し、持続可能な交通サービス(Mobility as a Service)の導入をめざす。もって、移動機会の可能性の向上による地域の活性化に資する。

PROJECT 12 

駅前広場の交通流動・リスク等の可視化Project    
【Projectオーナー:NECソリューションイノベータ㈱】

大磯駅前広場の安全・安心に資するため、交通流動の実態(軌跡、リスク等)の可視化に向け、最新の計測機器(カメラ、LIDER等)を用いて分析し、最適な交通流動のあり方を導出する。

PROJECT 13 

発電床を利用した交通安全のための新たな電子標識等の開発Project
【Projectオーナー:㈱糺の森】

大磯町の環境を活用し、「発電床」を利用した歩行者・自転車の安全確保のための新たな電子標識等の開発・実証を行う。
   ① 臨港道路と自転車専用道路の交錯部の安全確保支援
   ② 駅広の無歩道(実態的歩道)と駅広通過道路との交錯部の安全確保支援

PROJECT 14 

発電床を利用した新しいライフラインソリューションProject
【Projectオーナー:㈱糺の森】

大磯町の地域課題(介護、防犯等)解決型のソリューションに利用できる発電床システムの開発テストを実施する。

PROJECT 15  

合宿研修所(”オトナの合宿所”)の運営Project
【Projectオーナー:㈱SGOソリューションズ】

大磯町の空家(群)を、企業や団体・グループ等が合宿可能な研修所としてリノベーションし、旧吉田茂邸の研修室(決断の間)や里山空間、さらには町内の歴史・文化・生活にも触れられる大磯らしさを活かした研修拠点として運用する。
町への流入機会を創出し、”関係人口”の創造につながり、後の移住者や事業者誘致のきっかけづくりにも資する。 

PROJECT 16

会員が実施するProjectの要員的協力支援
【Projectオーナー:ツナグの会】

会員が実施する上記の各種Projectにおいて、つなぐの会のメンバー(中小企業経営層)が要員的な協力支援を行うことを通じて、地方創生に貢献する。

PROJECT 17 

信託バンクProject

【Projectオーナー:きりしまフラワー㈱】

「信託バンク」のリアルな先導的実践の場として、空き商店と空家をセットとした新たな仕組みづくり/Project興しや、他の会員Project推進の手法としての適用等を通じて、地域の活性化を支援する。

  補:「信託バンク」(登録商標取得済み)とは、ヒト・モノ・カネを対象とする委託・受託のマッチング・プラットフォーム的な概念であり、「店舗信託」、「世襲代行」、「運営委託」、「ゼロ円店舗」(何れも登録商標取得済み)、「店舗信託システム」(ビジネスモデル特許取得済み)等の各種スキームを内包する。

PROJECT X 

募集中!

Projectを計画・実施したい会員(企業等)を随時、受け付けています。